ライン・シルエット

Aライン
Aラインは、たくさんのスタイルの中でも割とほっそりしていて、割と広がりのある、丁度真ん中ほどのスタイルのドレスとなっています。このAラインという名前はどこから来ているかご存知でしょうか? Aラインそのものという意味で、 「A」というアルファベットの文字から来ていることを指します。
「A」という文字をよく見てみると、文字の上の方はシュッと細くなっていて、下にいくにつれてだんだんと広がっている のがわかります。このスタイルをイメージすると「A」の文字の上の方ではシュッとしていますので、上半身から腰 辺りは体にフィットしているのが想像できますね。そこから「A」の文字の下の方に向かってだんだんと広がっていますが、ウェディングドレスで想像すると、 裾に向かってだんだんとスカートが広がっていくという感じです。「A」という文字の一番上に花嫁の顔がくるのを想像すればもっとわかりやすいですね。このように、Aラインは上半身、腰辺りの部分は花嫁の体にフィットして、裾に向かってだんだん広がっていくスタイルというのが分かります。
まず、Aラインは腰から上の上半身の部分とスカートの部分でくっつけていません。なので、生地を つないだ切り替えの線が横に伸びていないのです。横ではなく縦に生地をつないだ切り替えがありますので、着た人のスタイルがよりスマートでシュッとしたものになるのです。『全体のシルエットは変わらないのに切り替えの線が変わったくらいでそんなに印象が変わるのかなぁ・・・』と思う人もいるかもしれません が、この切り替えが縦に伸びていることはとても重要なポイントになっていて、Aラインのウェディングドレスを全体から見たときに、見た人の目線を縦方向に 誘導してくれるのです。目線が縦に流れることによって、よりスマートでシュッとした印象になるのですね。切り替えの線が横に伸びている場合ではこの目線の 誘導ができず、スマートさを印象づけるのが難しくなってしまいます。
Aラインは昔から女性から人気があるドレスですが、その最大の理由が「着る人の体系に左右されず に美しいスタイル」というのが実現できるからでしょう。着る人が背が高い人にはとても美しく似合いますが、背が低い女性の方でも問題なく似合います。それ は先ほど説明した目線の誘導による効果によって、縦方向への目線の流れが背の低さを感じさせないようになっています。腰辺りから裾へスッと伸びて広がって いくので足が長く見えるというのも背の低さを感じさせないポイントになっています。
Aラインは上品でありながらシンプルなスタイルなので、その点も人気があるポイントです。Aラインではあっても、使用 している生地やアクセサリーによって印象を変化させることができるので、落ち着いたスタイルでアクセサリーなどで飾り付けるというような事を考えているならお薦めです。

プリンセスライン
プリンセスラインは、数あるデザインの中でも特に人気が 高いスタイルで、現代だけでなく、何時の時代でも世の女性たちに愛されてきたラインなのです。その人気の高さを実感するような証拠というわけではございませんが、『ウェディングドレスを想像してみてください』と 言われた場合、皆さんは頭の中でどのようなものを想像しますか?上半身は体にある程度フィットしていて腰から下に向かってスカートが横に大きく広がったようなスタイルを想像しませんでしたか?そう、その想像したドレスこそがプリンセスラインです。こ のプリンセスラインはどこかの国の綺麗なお姫様をイメージさせるような、名前の通りプリンセスのような印象なのが特徴です。
上の方でもお話している通り、プリンセスラインは上半身の部分は体にフィットしていますが、腰から裾に向かってフワッ と横に広がっている特徴があります。このフワッとしたスカートがプリンセスラインの大きな特徴で、この部分が可愛らしくてお姫様の印象を感じさせるのです。このウェディングドレスは可愛らしいというイメージだけでなく、上品であり、スカートの広がりがゴージャスの雰囲気でもあり、とても華やかなイメージ があります。言ってしまえば花嫁衣装として最も最適なものだと思います。
このように、プリンセスラインの最大の特徴であるスカートのボリュームですが、このボリュームのあるスカートが長い歴史の上でたくさんの女性から人気があった理由があります。それは、「足の太さが気にならない」ということ。足の太さを気にせずに綺麗なスタイルを表現できるのは、このプリンセスラインなのです。女性の足がどんな太さであってもその最大の特徴であるボリュームのあるスカートが全て覆って隠してくれるので、たくさんの女性から愛されてきました。他のスタイルにAラインもあり、Aラインも裾が広がっているので女性の足を隠せるようになっていて、こちらも女性から高い人気を得ています。ですが、こちらはプリンセスラインのように横に大きくボリュームのある広がりではなく、腰から 裾にかけてまっすぐ広がっているスタイルなので、プリンセスラインの方が足の問題を気にせず綺麗で美しいスタイルになります。

スレンダーライン
一生の一度だけ最高の美しさを演出する素敵なウェディングドレスをお探しの女性の皆さんの中で、結婚式に着るものにあまり派手さが無いような落ち着いた大人の美しさを感じるウェディングドレスをお探しという方がいるのなら、スレンダータイプです。スレンダーラインのスレンダーという言葉の意味をご存知でないという方はいますでしょうか?女性であれば誰しもスレンダーな体を目指しているでしょうからご存知でないという方はいないかも知れませんね。このスレンダーという言葉のきちんとした意味は、「ほっそりとした」 というもので改まってご説明するまでもなく、ほっそりとしたドレスラインで女性の体のラインに沿っているものです。ということは、自分の体 にある程度の自信があって背の高い女性が特にお似合いです。
スレンダーラインは様々なラインの中でも最も女性の体にフィットしたのが特徴の為、日本ではこのスレンダーラインはあまり 人気が無く、プリンセスラインやAラインなどがとても人気があります。
スレンダーラインでは、一般的なドレスのように、生地を重ねてボリュームを出し、ゴージャスで美しく着飾るようなものではなく、なるべく無駄な造りにせずに、ごくシンプルなところが特徴です。上半身から裾までほぼまっすぐ落ちていく流れで、なおかつ無駄を 省いているシンプルな造りですから、上品さと大人の落ち着いた美しさを印象づけるものとなっていますので、ボディラインと表情、女性そのものの美しさによって全体の美しさが大きく左右されます。
無駄を極力省いたスレンダーラインは、身に付けるアクセサリーに人々の注目を集めます。そのた め、スレンダーラインを選ぶ場合にはインパクトのあるアクセサリーも併せて選んでおくと良いですね。シンプルなドレスラインのため、 アクセサリーを無意識に付け足しすぎてしまう事もあるかもしれませんので、スレンダーラインの持つ最大の特徴であるシンプルさの持つ大人の落ち着いた品のある雰囲気とアクセサリーの大胆なインパクトとバランスをきちんと考える必要がありますので気をつけましょう。

マーメイドライン
マーメイドラインのご紹介ですが、まずマーメイドという言葉は皆さんご存知でしょうか?これは日本に住んでいる私達でも割とよく聞いたことのある言葉ですね。マーメイドというのは上半身が人間の体をしていて、腰から下は魚の体をしている架空のお話の 生き物のことです。マーメイドというのは女性のことを指していて、男性の場合にはマーマンという名前になります。マーメイドのその姿はとても美しく、魚のように海の中を自由に優雅に泳ぎます。
そのマーメイドという言葉が使われているドレスラインですから、想像するととても美しいと思いますね。全くその通りで、マーメイドラインはウェディングドレスの中でも特に女性としての魅力を最大限アピールして いるとても優雅で美しく気品のある大人の雰囲気を感じさせるものです。
マーメイドラインは、女性の体に沿ったラインで細身のタイプです。上半身から腰、そして足の膝まで体に沿うように流れており、膝から下にかけてマーメイドという言葉の通り魚のヒレを思わせるように裾が広がっています。このヒレのようなスカートがマーメイドラインの一番の特徴となっており、この衣装を着た女性が歩くとまるで人魚のようにゆらゆらとゆらめいて、裾の部分が魚のヒレのようにゆらゆらと漂う姿がとても美しさを演出し、歩いているだけの姿なのに、それがまるで広い海の中で優雅で踊るように泳ぎ回る人魚と見違えるような美しさを感じます。
マーメイドラインはその優雅で美しい姿を演出するため、上品でゴージャスであり、大人の美しさを 求める女性に特にお薦めできます。個人的にマーメイドラインの衣装で印象に残っているのが、まるで人魚の鱗のように生地にスパンコールがたくさん散りばめられ、花嫁が一歩ずつ歩くたびに全身のスパンコールが光をキラキラと反射させ、本物の人魚が太陽の光を浴びながら海の中を優雅に 泳いでいる美しさが強く印象に残っています。
マーメイドラインを選ぶなら、背中は大胆に開けて、スリーブレスにすることでより人魚の イメージを強調したデザインにすることができます。逆にネックラインをタートルネックにして更に上品で落ち着いた大人雰囲気にするのも良いですね。

アンピールライン(エンパイア)
アンピールラインのアンピールという言葉 は、英語ではなくフランス語です。なので普段皆さんはあまり聞きなれない言葉だと思います。フランス語ではアンピールですが、これを日本語にする前に一度 英語にしてみましょう。英語でアンピールはエンパイアとなります。どうでしょうか?エンパイアはどこかで耳にした事があるという方もいるかも知れませんね。フランス語ではアンピール、英語ではエンパイア、言葉も確かにどことなく似ているように感じますが、ではエンパイアを今度は日本語に変えてみましょう。エンパイアを日本語にすると帝国という意味になります。帝国という意味のアンピールですが、帝国ラインという言葉にしても、余計に分かりづらいですね。
アンピールラインのはマーメイド ラインとAラインの間くらいに位置するドレスラインとなっています。アンピールラインの特徴はバストのすぐ下から裾までスッと落ちるように伸びていく独特ラインが特徴です。バスト下に切り替えがあるため。ウエストの位置がとても高くなり、足がすっきりと長く見えるようなドレスです。Aラインよりも裾にかけての広がりがゆるいため、体系もある程度カバーできるのもポイントで、ゴージャスさというよりも、柔らかなやさしさのある上品な印象になります。また、背が低い女性だと柔らかく可愛らしい印象を与えますのでお薦めです。
また、アンピールラインの特徴の一つとして、マタニティの花嫁にもとても似合います。お腹に赤ちゃんがいて多少腰周り が膨らんでいても、ウエストの切り替えがバストのすぐ下にあるため、お腹のふくらみをカバーする事ができます。

ベルライン
ベルラインは名前を見てみるとベルという言葉がありますが、 ベルと言えば揺らすと綺麗な音が鳴る、鐘のことでしょうか?その通りです。クリスマスや教会のイメージがありますが、私たち日本人だと年末の夜に鳴り響く 除夜の鐘(釣鐘)を想像すると思います。ベルラインはこの釣鐘の形をしたドレスラインが特徴です。
ラインの位置としては、細身のラインであるAラインと、横にボリュームを出している プリンセスラインの間に位置しています。膨らみもありながら、スラッとしているのがベルラインの特徴です。釣鐘の形のように、腰から フワッとプリンセスラインのように横に大きくボリュームを出して、そこから裾にかけてスッと真下に落ちるようなラインをしています。プリンセスラインとの 違いはこの部分で、プリンセスラインは裾に向かってだんだん広がっていくのに対し、ベルラインの場合は一旦横に伸びてそこからスッと裾まで真下に落ちます。
そのため、スカートにボリュームがあるのでプリンセスラインのようなゴージャスさや豪華なイメージを持ちながら、裾に 向かって真下にスッと落ちていくのでスレンダーラインのような落ち着いた大人の上品さもイメージのそれぞれのラインのイメージを足したのが特徴となっています。このようなイメージを求める方にはお薦めです。
人気的にはそれほど高くはないベルラインですが、あえて流行のラインじゃないものを着てみたい、人とは違うものが着たいという女性は是非挑戦してみて欲しいドレスです
ご自分の好み、センス、タイプでたくさん想像を膨らましてイメージして下さいね!

ビスチェドレス
ビスチェとは、ストラップ(肩紐)のない、丈がウエストまであるロングライン形のブラジャーのこと。ビスチェは、フランス語で"Bustier"と書き、ストラップ(肩紐)のない丈の短い下着を意味する。元々はインナーであったものがアウター化したもの。インナーの中でも、装飾的でセクシーなブラジャーである。ワイヤーを使用し胸の形を整えて、上半身のシルエットを強調する、体にフィットしたデザインのものが多い。現在ではストラップのないキャミソールもビスチェと呼ぶようになっている。

肩紐がなく、首から指先まで素肌を露出するビスチェは、アームラインを長く細く見せる効果がある。また、デコルテ(首から胸元にかけての空き)が広いため、バストを強調し、アクセサリーが映えて見える。ビスチェドレスはビスチェとスカートを組み合わせたドレスの総称。本来は肌を見せない方が良いとされるものだが、最近はビスチェドレスも人気がある。ビスチェに上着がセットになっていて、2WAYタイプとして着こなせるものもある。

ミニドレス
キュートでセクシーな花嫁を演出できるミニ丈の衣装は、格式の高い挙式ではあまりお薦めできません。
レストランweddingや、カジュアルな雰囲気での披露宴、2次会での衣装にお薦めのスタイルです。
ミニ丈ドレスの特徴はスカート部分がひざ上からカットされ、足が露出します。短いミニではひざ上10cmのタイプもあります。スカートのデザインや、衣装の色など、バリエーションも豊富です。