スカートデザイン

シンメトリー
左右対称な形状のドレスをシンメトリー
という。ダイナミックな美しさがあり、ソフトな優美な印象。シンメトリー(symmetry)とは、左右対称な形のこと。左右対称で安定感のあるデザイン。左右非対称な形をアシンメトリーという。

アシンメトリー
アシンメトリー(asymmetry)は、左右非対称、不均衡という意味。左右対称をシンメトリーといい、その反対。右袖があって左袖はないなど、左右によって形状が違うこと。左右対称でなくても全体にバランスがとれているデザインで、ダイナミックな美しさがあり、ソフトな優美さも兼ね備えている。片方だけに肩紐があるワンショルダーのドレスや、スカートの切り替えが斜めのドレス、レースなどの装飾が片側のみに付いているものなどがある。

トレーン
トレーンとは、後ろに長く引きずったスカートの裾のことです。
トレーン(train)はトレインと同じ綴りで、「列車、列、連続」の意味で、後ろに引きずるものということに由来しています。。フランス語では、「しっぽ」という意味のケ(que)とか 「服の脚」という意味のバ・トゥ・ローブ(bas de robe)などと呼ばれています。トレーンは12世紀頃からで、宮廷では、身分によってその長さが決められていました。そして、長いほど身分が高いとされいました。また、扱いにくいトレーンを引いて上手に捌いてこそエレガントな女性だとされていました。
フォーマルなイブニングドレスや花嫁衣装に用いられています。ロングトレーンは、エレガントな印象になり、長いバージンロードに映え、厳かな教会に向きます。短いトレーンはカジュアルでキュートな印象になり、狭い会場や、歩き回りたい人はお勧めです。スカートの後ろ腰の部分にバッスルと呼ばれる腰当てを入れて膨らませることで、トレーンの長さを短くする事もあります。トレーンを取り外し可能な2WAYタイプのものもあり、雰囲気が変わります。

ドレープ
ドレープとは、布を自然に垂らしたときに出る、ゆるやかなひだ、またはたるみのことです。
古代ギリシャの衣装は、布をそのまま体に巻き付けたもので、いかに美しいドレープを作るかが着こなしの基本でした。その後も、ヨーロッパなど上流階級の貴族が、ひだをたくさん用いるようになり、ひだを贅沢に使うことが権威の象徴にもなりました。
ドレープには、布で覆う、飾るといた意味があります 。織物自体の張りと重さによって垂れ下がり具合、しなやかさも変わります。優美でエレガントな雰囲気が出るドレープは、ブライダル衣装には欠かせないデザインの一つです。

オーバードレス
オーバードレスとは、ドレスやスカートの上に、さらに重ねて着用するドレスのこと。下に着るドレスをシンプルなものにして、上に着るオーバードレスを違う雰囲気にすれば、2Wayタイプとなりお色直しにも使え、着替えの時間も短縮できる。オーバースカートともいう。

タッキングスカート
タッキングスカートとは、タックを寄せたスカートのことです。
Aラインなど、シンプルな衣装のスカートにタックを寄せることで、自然なふくらみが増し、ボリューム感をだします。タッキングをすることにより、布に陰影ができ、立体的なフォルムが作り出せます。
光沢のあるタフタなどの素材を利用することにより、豪華なイメージになり、また、透け感のあるオーガンジーやチュールでオーバースカートにすることで華麗さを増します。

ティアード
ティアード(tiered)とは、段々に重なったという意味。ティアードドレスとは、フリルなどを段々に重ねて裾にかけて広がる形のボリュームのある衣装のこと。帯状の布を何段かに横方向へ切り替えにして、ギャザーやタック、フレアーのフリルやフラウンス(フリルよりも幅広のヒダ飾り)をあしらう。丈の違うスカートを幾段も重ねることもある。
フリルの量や切り替えの段数、生地などの違いで、様々な雰囲気を表現できる。軽く透け感のあるシフォンやオーガンジー素材なら、ふんわりして可愛らしい雰囲気になる。また、サテンなど光沢のある生地の場合は、フェミニンな雰囲気になる。

バッスルスタイル
バッスル(bustle)とは、スカートの後ろを膨らませてヒップラインを誇張する為に使われた腰当てで、ワイヤーなどの芯に布を張り、ウェスト部分に紐やベルトで固定したもの。バッスルスタイルとは、ヒップや腰上部にバッスルを入れて膨らませたドレススタイルのこと。現在では、スカートを束ねて膨らませたり、布地を背中でギャザーにしてリボンなどの形にまとめウェストに付けるスタイルも含まれる。バッスルとは英語で活気や賑わいの意味がある。

ヒップを大きく膨らませることでウエストを細く見せる効果があり、腰の丸みを誇張しながら裾へ曲線美を描くシルエットは女性らしさを強調することができる。また、長いトレーンをたくしあげて、動きやすさを出すのにも使われる。

バルーンスカート
バルーンは風船の意味。バルーンスカートとは、風船のように丸く膨らんだシルエットのスカートの総称。ウェストと裾にギャザーやプリーツ、シャーリングなどを施して絞り、中間を膨らませたもの。軽くやわらかい素材を用いて、折り目を付けずに無造作に折り返しただけで、ふわっとしたイメージを表現したものもある。バルーンスカートは、バフスリーブのスカート版といえる。