ウェディングアイテム(小物)

ベール
ベール(veil)とは、チュールレースなどのシースルー素材で作られた、女性の顔や頭を覆う薄い布。遮蔽や保護の目的で用いられ、装飾的にレースで縁取られることもある。ヴェールとも発音され、日本語で面紗ともいう。キリスト教会式の挙式にて花嫁衣装の必須アイテム。

ベールの歴史は古くローマ時代のヨーロッパに遡り、主にキリスト教の宗教上の儀式服の一部であった。中世においては黒の衣装に白のベールが用いられていたが、白を基調とするものに変化して現代に至る。ベールは清浄のシンボルで、悪魔や悪霊から身を守る意味もある。

ベールの長さや付け方などで印象が変わる。衣装のシルエット、挙式会場の広さや雰囲気も考慮して選びたい。正式にはベールはトレーンよりも長いものを使い、挙式だけに着用し、披露宴にはベールを付けない。

顔を覆い隠すフェイスアップベールは、キリスト教会式挙式において、新婦のベールを新郎がたくし上げるフェイスアップの儀式を行うためのもの。最近人気のマリアベールは、聖母マリアが召したベールが名前の起源で、顔を隠さずにベールの端を頭の上に被せて、ほほの横にベールの端がくるように着用する。マリアベールには縁に大きな刺繍が施されていることが多く、ドレスがシンプルでも全体的にゴージャスな雰囲気を演出できる。顔を隠さないため教会式の挙式でのフェイスアップの儀式ができない。マリアベールを禁止している教会もあるので事前に確認をしておくとよい。

マリアベール
マリアベール(mariaveil)とは、花嫁が使用するベールの一種で、顔を隠さずにベールの端を頭の上に被せて、ほほの横にベールの端がくるように着用する。聖母マリアが召したベールが名前の起源。マリアベールには縁に大きな刺繍が施されていることが多く、衣装がシンプルでも全体的にゴージャスな雰囲気を演出できる。顔を隠さないため教会式の挙式でのフェイスアップの儀式ができない。マリアベールを禁止している教会もあるので事前に確認をしておくとよい。

ノーズベール
ノーズベール(nose veil)とは、鼻(ノーズ)にかかるくらいの短めのベールの意味。帽子の前部のブリム(帽子のつばの意味)に付けて用いられる。

パニエ
パニエ(panier / pannier)とは、スカートの下に重ねてはくアンダースカートのこと。スカートを膨らませてボリュームを出したり、シルエットを美しくする目的で用いられる。チュール生地を幾重にも重ねたり、張りのある素材で作られている。昔は鯨の髭を使い、非常に高価なものだったが、現代ではワイヤーを使い、軽くてたためるようになっている。レンタルドレスの場合はパニエはセットになっており、レンタル代に含まれていることが多い。スレンダーなラインの衣装には不要。

グローブ
ウエディング用の手袋のこと。手首までのショート丈から二の腕を覆うロング丈まで様々な長さがあり、衣装のシルエットとの相性や、隠したい部分に応じて選べる。ショート丈はどんなドレスとも相性が良く、キュートな雰囲気になる。ロングは肩を出した衣装と相性が良く、腕を細く長く見せる効果がある。

素材はサテンやオーガンジー、レースなどの生地がある。指を全て覆うグローブが一般的でフォーマルなタイプだが、指が出るフィンガーレスグローブもあり、指輪交換時に着脱する必要がない。グローブはレンタル衣装とセットになっているのが一般的。

ブライダルインナー
ブライダルインナー(bridal inner)とは、ドレスを美しく着用するための下着の総称。補正下着、ブライダルインナーなどとも呼ばれる。ドレスをきれいに着こなすため、一般の下着よりも補整力が高く、バストを上げ、ウエストをスラリと見せる効果がある。ドレスインナーともいう。もともと欧米の文化であるドレスを日本人が素敵に着こなすために、専用のインナーで衣装に合う体型に整え、メリハリのあるプロポーションを作ることが、ブライダルインナーの目的。

必要以上に身体を締めつけるのではなく、足りない部分をインナーで補い、衣装にあわせて体型を造形し、バランスが美しくとれるものを選ぶことが重要。できれば衣装を選ぶ前にインナーを購入し、試着時もブライダルインナーをつけて選ぶと、本番のイメージが分かりやすくおすすめ。ブライダルインナーはランジェリーショップやドレスショップで購入できる。

代表的なのは、ブラジャー・ウエストニッパー・ガーターベルトがひとつになった「スリーインワン」や、ブラジャーとウエストニッパーが一緒になったビスチェタイプ、フロントとサイドにシルエットを整えるためのコイルボーンが入ったロングブラジャーなどがある。オフショルダーのドレスや襟あきが広いデザインのドレスには、取り外し可能なものかストラップレスのインナーを用いる。背中が広く開いたバックレスデザインのドレス用には、ベアバック対応のVバックのバックレスタイプのインナーを使用する。

和装の場合のブライダルインナーとは、肌襦袢、裾よけ、足袋などの和装下着を指す。

ウエストニッパー
ウエストニッパー(waist nipper)とは、ブライダルインナーのひとつで、ウエストを細く締め、部分的な補正機能をもつファンデーションのこと。いわば現代のコルセット。

チョーカー
チョーカー(choker)とは、首にぴったりフィットした首飾り、または襟のこと。35cm前後で、長さのもっとも短いネックレス。元々は「息を止めるもの」という意味。犬の首輪に似ているのでドッグカラーとも言う。宝石を使ったゴージャスな雰囲気のものから、布や革製のカジュアルなものまで様々なタイプがある。中世貴族を思わせる高貴で格式のある雰囲気で、首元をゴージャスに見せる効果がある。存在感があり、清楚で上品な印象のチョーカーは、ブライダルアクセサリーとしても人気が高い。衣装と共布で作ったり、ブーケとお揃いの花をあしらったりする。最近はビーズでできたものも多く、手作りする人も増えている。

リストレット
リストレット(wristlet)とは、腕輪、腕飾りの総称。手首や腕に巻く、装飾や防寒の目的で用いるアクセサリー。ブレスレット・リストバンドともいう。結婚式シーンにおいては、ヘッドドレスに合わせて、花材を用いたコサージュなどが使われる。

マフ
マフ(muff)とは、毛皮などで作られた円筒形の防寒具で、両手を入れて暖める女性用の小物。指輪などをして手袋ができない際に使用されるものだが、防寒のためだけでなく装飾的な意味合いでも用いられる。イブニングドレスなどに合わせることも多く、エレガントな雰囲気を表現できる。

マフの内側に小物を入れるポケットが付いた機能的なものもある。また、トレーナーやピーコートのポケットのように、たて切り筒状のポケットのことをマフポケットと呼ぶ。

ボレロ
ボレロとは、ウェストよりも丈の短い前開き型のジャケットのことです。
ボレロは、18世紀末から広まったスペインの舞踏音楽または舞踏そのものを意味し、それが転じて闘牛士の衣装に代表される男性が着用していた民族衣装の上着の総称となります。
打ち合わせがなく前を開けて着るのが特徴で、襟がないものが主流です。袖付きのもとの袖無しのものがあり、婦人や子供用の上着として用いられています。素材は自由で、制約はありません。
ウェディングにおいては、衣装の上にを羽織り、2Wayタイプとして着こなしたり、カトリックなどの厳格な教会式結婚式において肌の露出を控えるために用いられたりもします。