カラードレス一覧

¥52500〜レンタルできる挙式・披露宴衣装
(掲載されている衣装がすべてではございません)
a25011.jpg a25005.jpg a25017.jpg a25062.jpg a25008.jpg a25056.jpg a25014.jpg a25059.jpg a25002.jpg
◆Aライン◆
ボリュームAラインレッドフリルドレスPP6415
ボリュームAラインパープルドレスPP6418
淡いパープルAラインレースドレスKT9153p
◆プリンセスライン◆
高級ロングトレーンプリンセスラインKT1493
プリンセスラインカラードレス赤A1
プリンセスラインバックバルーンドレス(ベージュ)KT3069
ラベンダープリンセスラインPP6417
◆スレンダーライン◆
高デザインスレンダーラインドレスKT5134
◆ベルライン◆
ヨーロッパのお姫様スタイルベルライン(ピンク)PP6414

ご紹介した衣装以外にもまだまだ多数の衣装がございます。
順を追ってご紹介していきますが、お問い合わせでも対応しております。
お問い合わせ

ウェディングドレス一覧へ

高デザインスレンダーラインドレスKT5134

デザイン性の高いこの衣装は、エレガントさがポイントの大人の女性にぴったりの一品。
U1.jpg
この衣装の生地は※1タフタを使用しており自然にでる立体的な形や※2ドレープの美しさが特徴。
※1タフタとは細い横うねがあり、薄手で光沢と張りの強い平織りの絹織物のこと。横うねによって陰影が生じるため、縦糸と横糸の配色次第で光の反射や見る方向によって色が変化する「玉虫効果」がある。色が幻想的であるため、カラードレスやカクテルドレスに用いられる。
※2ドレープ(drape)とは、布を垂らしたときに出る、ゆるやかなひだ、またはたるみのこと。優美でエレガントな雰囲気が出るデザイン。ドレープには、布で覆う、飾るという意味がある。
ドレープは主に、織物の曲げ剛さと織物自体の重さによって垂れ下がり具合の美しさがでる。これは織物のしなやかさや腰などに拠るところが大きい。また、糸使い、織り方によってもひだのでき方、シルエットライン、身体へのなじみ具合が変わってくる。
abc.jpg
胸元は左右からクロスするように布を折り畳み襞(ひだ)を作る技法プリーツを用い立体的で美しいバストラインを出します。
スカートは3枚の生地を交互に重ね、まるで着物の裾のようなラインが大人の女性を表現するようにデザインされています。
U2.jpg
取り外し可能なショルダーは薔薇のコサージュとギャザーした生地で出来ており、立ち襟のようで360度魅せる楽しさがあります。
非常にエレガントでカッコイイシルエットです。

トレーンは2枚羽根のようになっておりボリュームはないですがとても綺麗なラインで衣装の面白みが観客を魅了させるでしょう。
DSC_2334.jpg
この衣装はアイボリーですが、ホワイトも入荷いたしました。

このページのトップ

高級ロングトレーンプリンセスラインKT1493

海外のウエディング雑誌にも取り上げられた超ゴージャス衣装。
可愛いイメージのプリンセスラインにはあまりないエレガントスタイル。
この衣装はウェディングドレスでも紹介していますが、淡いベージュピンクカラーですので、カラードレスとしても使用されます。
user.qzone.qq.com__http_imgload_007.jpg
2mを超えるトレーンには刺繍等の装飾が入っておりバックスタイルの優雅なデザインが見物!

25064.jpg
フロントには薔薇のコサージュがカーテンラインに施され、ワンショルダーにも薔薇、バックのヒップ部分にもタックを寄せた部分に薔薇のコサージュと、ふんだんに薔薇を用いエレガントさを強調しています。
25062.jpg
一番外側のシルクサテン生地の中には重ねて刺繍入りのシルクサテン生地が施され、その中には※ジョーゼット生地に刺繍・ビーズ・スパンコールで装飾したものとドレスにもあまり見ない素敵なデザインがポイント。
※ジョーゼットは、ふんわりとした優しい手触りが魅力。ジョーゼットはシースルーを代表する織物として、世界的に使用されています。特徴である軟らかさやドレープ性を生かしたスカーフやブラウス、ドレスに使用されています。
W1.jpg
この衣装もパ二エの大きさによってボリュームも自由自在ですが長いトレーンを生かすにはしっかりボリュームを出して圧倒されるような存在感を存分に魅せていただきたいです。

ホテルウエディングや広い会場でも十分な存在感があるので、ゲストが魅了するのを楽しめるほどの衣装です。当店最高級衣装です。
25063.jpg

このページのトップ

ラベンダープリンセスラインPP6417

キレイなラベンダーカラーのデザインプリンセスドレス。
25014.jpg
所々には細やかな装飾が施され斜めに入る黒のラインは体を細く見せる効果があり、また胸元の逆フリルは露出を抑え肩幅を小さく見せる効果があります。また豊胸に方にははみ出るお肉を隠す効果もあります。
ウエストからフワッとするデザインは※タッキングでボリュームを出していますので体型をカバーするには最適な衣装です。
※タッキングとはタックを寄せたスカートのこと。Aラインなど、シンプルなウエディングドレスのスカートにタックを寄せることで、空気を含んだ自然なふくらみが増し、ボリューム感が出る。また、タッキングで布に陰影が出るため、立体的なフォルムが作り出せる。
25015.jpg
白をベースに暗すぎず、ラベンダー、ピンク、ブラックの※オーガンジー生地を合わせ透明感を出し、まるで花束を思わせるかのようなデザインに仕上げてます。
※オーガンジーとは「薄く透明で張りがある平織綿布」のこと。強撚の最良錦糸を用いるので、透明感と特有の張り感があり、ほかの生地に類のない見た目の美しさと光沢感が魅力です。薄いわりに硬さのある素材なので、軟らかいジョーゼットと対比しておりますが、ジョーゼット同様シースルーの代表といえる織物です。
25016.jpg
落ち着いた華やかさのあるこの衣装はガーデンウェディングなど、お天気のいい外で着るのには最適です。

このページのトップ

ヨーロッパのお姫様スタイルベルライン(ピンク)PP6414

まるでヨーロッパのお姫様を思わせるような上品で可愛らしいサーモンピンクのベルラインドレス。
25002.jpg
ベルライン(bell line)とは、スカートのシルエットが釣鐘のような形状になっているウエディングドレスのこと。スカート部分にギャザーをたっぷり寄せて、ウエストは細く絞り、腰周りを膨らませて、裾までまっすぐ落ちていくライン。裾のボリュームはプリンセスラインより少なめ。お姫様のような可憐で可愛いイメージのライン。大きな会場にも映えるシルエット。おめでた婚の方にも適している。
25003.jpg

ところどころに施されているレースがアクセントとなり、女の子らしさとエレガントさを表現しています。
また裾部分は茶系を重ねることによって甘すぎず、落ち着いた雰囲気も出しているので若い子だけでなく着る人によっては大人っぽくもみえるのが特徴。
25004.jpg
トレーンは短めですがデザインが可愛らしいので後姿も十分魅了出来ます。
25001.jpg
ヘッドドレスもセットになって本当に華やかさとキュートさがポイントのこの衣装は大変人気でおススメです。

このページのトップ

プリンセスラインバックバルーンドレス(ベージュ)KT3069

一見シンプルですが華やかさは欠けない美ライン衣装。
25056.jpg
見ての通り上半身はキュッと締めてラインを出し、スカート部分は※タッキング技法でフワッとさせているため美しいシルエットが注目の衣装です。
※タッキングスカート(tacking skirt)とは、タックを寄せたスカートのこと。Aラインなど、シンプルなウエディングドレスのスカートにタックを寄せることで、空気を含んだ自然なふくらみが増し、ボリューム感が出る。また、タッキングで布に陰影が出るため、立体的なフォルムが作り出せる。光沢のあるタフタなどの素材を利用すると豪華なイメージになり、透け感のあるオーガンジーやチュールでオーバースカートにすることでキュートさを表現できる。
素材は※タフタを使用しているため裾やタッキングでできたバルーンラインの形がしっかりとしており、動いても座っても形が崩れないのが特徴。
※タフタとは細い横うねがあり、薄手で光沢と張りの強い平織りの絹織物のこと。横うねによって陰影が生じるため、縦糸と横糸の配色次第で光の反射や見る方向によって色が変化する「玉虫効果」がある。色が幻想的であるため、カラードレスやカクテルドレスに用いられる。
25057.jpg
銅部分は刺繍とビーズで施され、華やかに表現し、スカートのタック部分にも施されているためシンプルの中にも細やかなデザインで豪華さを出しています。
DSC_2321.jpg
飾り気の少ない大人っぽさと、バルーンのキュートさと、後のタッキングによるエレガントさの調和が素敵なデザインとなったおススメ衣装です。
25058.jpg
色はぱっとしないベージュですが胸元に真っ赤なコサージュ等着けると大人っぽさが増したり、小物等でイメージを変えるのも楽しいですね。カラー変更もできますのでお問い合わせください。

このページのトップ

淡いパープルAラインレースドレスKT9153p

透き通るような綺麗な淡いパープルカラーでふんだんに使用されたレースのこの衣装は優しさと上品さが印象となる一品です。
25017.jpg
Aラインといってもローウエストな為、ボリューム控えめでトップからウエストまでのラインが出るためスレンダーにも近いラインです。小柄な方にはとても綺麗に着こなせます。またスレンダーの方にも綺麗な体のラインを出して着ていただきたいものです。
光沢のあるシルクサテン生地を使用し、左右にコサージュで絞りとめ柔らかい※ドレープラインがまたエレガントさと可愛らしさを表現しております。
※ドレープ(drape)とは、布を垂らしたときに出る、ゆるやかなひだ、またはたるみのこと。優美でエレガントな雰囲気が出るデザイン。ドレープには、布で覆う、飾るという意味がある。
ドレープは主に、織物の曲げ剛さと織物自体の重さによって垂れ下がり具合の美しさがでる。これは織物のしなやかさや腰などに拠るところが大きい。また、糸使い、織り方によってもひだのでき方、シルエットライン、身体へのなじみ具合が変わってくる。
KT9153
この衣装はもともとウエディングドレスのデザインでしたが、カラー変更してもとっても綺麗な衣装となりました。
25018.jpg
胸元とスカートの裾、トレーンはすべてレース加工されており刺繍、ビーズ等も施され、見る者も本当に魅了する美しさがポイントです。
ボリュームが少ないため、あまり大きくない会場にも利用できますが、存在感はたっぷりですので大きな会場でも対応できるでしょう
25019.jpg

このページのトップ

ボリュームAラインレッドフリルドレスPP6415

情熱の赤い薔薇をイメージした可愛らしさと美しさを持ち合わせたAラインの衣装です。
25011.jpg
前にも後ろにもある大きな巻き薔薇(布を巻いて薔薇の形を模した装飾品のこと)がインパクト大のとても目立つ衣装です。
トップの柄がチェックと、一見可愛いイメージがありますが、全体的なデザインを総合してみると可愛いというよりエレガントなイメージの方が強調される衣装です。

25013.jpg
デザインには左右非対称のアシンメトリーとなっていて美しいシルエットが出るため足長やスタイルを良く見せる効果があります。
またウエスト部分の大きな巻き薔薇によりウエストラインのごまかしがきくのでコンプレックスをお持ちの方にはおススメです。
スカートは※ティアード技法でトレーンの後まで惜しみなくフリルが施され、広い会場には最も映えるボリュームラインが特徴となっております。
※ティアード(tiered)とは、段々に重なったという意味。ティアードドレスとは、フリルなどを段々に重ねて裾にかけて広がる形のボリュームのあるもののこと。丈の違うスカートを幾段も重ねることもある。フリルの量や切り替えの段数、生地などの違いで、様々な雰囲気を表現できる。軽く透け感のあるシフォンやオーガンジー素材なら、ふんわりして可愛らしい雰囲気になる。また、サテンなど光沢のある生地の場合は、フェミニンな雰囲気になる。
25012.jpg
この衣装の別カラーもございます。また部分生地変更などもしておりますのでご自分のお好きなイメージで作り直すのもいいですね。
美ライン、ボリューム、華やかさを揃えた一品です。

このページのトップ

プリンセスライン2WAYカラードレス赤A1

プリンセスラインですが大人っぽいシックな赤のカラーを用いています。
25008.jpg
ところどころバルーン(風船のような)ラインを用いてお姫様のようなふんわり感を出してますが裾の方には使用していないためヨーロッパの貴婦人を思わせるような上品なラインが出ます。
ハイウエストの為、ぽっこりお腹もスッキリ隠せますし、マタニティーにもあまりお腹が目立たずキレイに着ることが出来ます。
また、全体的にところどころお花の刺繍とビーズ・スパンコールで出来た花のモチーフが合わさったものが散りばめられてあります。
25009.jpg

パ二エの大きさによってイメージも変えられますし、短めのトレーンもご要望により長くお作りすることもできます。
着心地も軽やかさが感じられますので、あまり大きさのない会場や二次会衣装として着られると丁度いいかと思います。
デザインがシンプルな分、ブーケ等小物にインパクトを持たせると調和して、華やかに魅せる事が出来るでしょう。
25010.jpg

そして、スカートの裾部分を取り外すと、ミニスタイルに変身して2WAYで楽しめます。
P1030308.JPG

基本的には可愛らしいというよりは大人っぽいタイプの衣装です。
ご好評によりこの衣装の白を入荷します。

このページのトップ

ボリュームAラインパープルドレスPP6418

大人っぽいゴージャスAラインドレス。
25005.jpg
落ち着いたパープルカラーですが胸元を中心にビーズ・スパンコールが施され、スカート部分にはティアードスタイルを用い、華やかさを演出する一品です。
※ティアード(tiered)とは、段々に重なったという意味。ティアードドレスとは、フリルなどを段々に重ねて裾にかけて広がる形のボリュームのあるドレスのこと。丈の違うスカートを幾段も重ねることもある。フリルの量や切り替えの段数、生地などの違いで、様々な雰囲気を表現できる。軽く透け感のあるシフォンやオーガンジー素材なら、ふんわりして可愛らしい雰囲気になる。また、サテンなど光沢のある生地の場合は、フェミニンな雰囲気になる。

25006.jpg
デザインは左右非対称のアシンメトリーで前後左右色んな角度から衣装を楽しんで魅せる事ができます。バラのコサージュも前後左右に付いていて華やかさを引き出しています。
25007.jpg
またウエストから斜めに下がるドレープはウエストラインをキレイに見せたり、足長効果を出しボリュームの割にはとてもキレイなAラインを出せるところがおススメです。
※ドレープ(drape)とは、布を垂らしたときに出る、ゆるやかなひだ、またはたるみのこと。優美でエレガントな雰囲気が出るデザイン。ドレープには、布で覆う、飾るという意味がある。
ドレープは主に、織物の曲げ剛さと織物自体の重さによって垂れ下がり具合の美しさがでる。これは織物のしなやかさや腰などに拠るところが大きい。また、糸使い、織り方によってもひだのでき方、シルエットライン、身体へのなじみ具合が変わってくる。

このボリュームは広さのある会場にはとても映えるでしょう。

このページのトップ