ウェディングドレス レンタル 名古屋市:LAK > 結婚式で受け継がれてきた幸せのおまじない

Something Four(サムシング・フォー)

サムシング・フォーとは約200年前の中世ヨーロッパの結婚式で受け継がれてきたおまじないのこと。
4つのサムシング(何か)を花嫁が身につけ、
結婚式に臨むと幸せが訪れるという言い伝えがあります。

この習慣の由来は、以下のマザーグースの歌にある。

なにかひとつ古いもの、なにかひとつ新しいもの (Something old, something new, )
なにかひとつ借りたもの、なにかひとつ青いもの (something borrowed, something blue, )
そして靴の中には6ペンス銀貨を (and a sixpence in her shoe. )
欧米でこの歌は親しまれ、この習慣も一般的である。日本でも近年、ブライダル産業の喧伝などにより、知られるようになりましたね。

 愛する人との幸せが永遠に続くことを願って、自分たちのウエディングにも幸せのおまじないを取り入れてみましょうるんるん

◆サムシング オールド(Something Old)【祖先から受け継がれた幸せ、富みの象徴】
何か一つ古いものを。
これから始まる生活の豊かさを願って、祖先から伝えられたものを受け継ぐという意味です。祖母や母のイヤリングやネックレスなどジュエリーが多いようです。


◆サムシング ニュー(Something New)【新生活における幸せの象徴】
何か一つ新しいものを。
これから始まる2人の真っ白な未来そのもの。新しい生活へ踏み出す大事な第一歩をあらわします。
幸せな毎日が過ごせますようにという願いを込め、 新しく用意したものをおろします。
ドレスやベールなどから下着や靴まで、挙式当日に新しく使用するものならば何でもOK。もちろんお化粧道具やハンカチなどを入れる小さなポーチなどでも花嫁らしくて良いですね。


◆サムシング ブルー(Something Blue)【花嫁の純潔の象徴】
何か一つ青いものを。
青は「青い鳥」同様、幸を呼ぶ色と言われており、忠実・信頼を象徴とされる色でもあります。
さらに花嫁の純潔や貞操、清らかさを表します
青は純潔や清らかさの象徴です。
その青は人目に付かぬよう花嫁の身に付ける事とされており、ガーターに青のリボンを飾るのがポピュラーになっています。最近では、指輪の内側にブルーサファイヤを入れたり、ブーケの中にさりげなく青い花を入れたりしています。


◆サムシング ボロウ(Something Borrowed)【経済的に豊かになるための隣人愛の象徴】
何か一つ借りたものを。
幸せな結婚生活を送っている友人などから、その幸運を分けてもらうという意味を表します。
それは家族だけではなく周囲の人々から愛されるというおまじないでもあるのです。
既に幸せな結婚をされている方が当時結婚式で使用した身の回り品、例えばベールや手袋、ハンカチなどを借りましょう。

幸せのジンクスから生まれたアイテム&演出たち

◆6ペンスコイン
マザーグースの歌にも登場する銀の6ペンスコイン。花嫁の左足の靴の中に1枚忍ばせておくと、「ふたりはいつまでも豊かに暮らせる」と言われています。6ペンスコインはイギリスで400年に渡って使われてきましたが、残念ながら現在はもう製造されていません。ブライダルグッズを扱うショップなどで入手できるので、探してみましょう。


◆アーモンドドラジェ
アーモンドの実を砂糖でコーティングしたお菓子のことで、日本ではゲストのお見送りなどで配るプチギフトとして人気です。もともとは紀元前二世紀、ローマの貴族であるファビウス家が結婚の内祝いや子供の誕生祝いとして町中に配ったのが始まり。アーモンドは枝にたくさんの実をつけることから、古くから「子宝にめぐまれる」と言い伝えられており、お祝いごとには欠かせないお菓子として愛されてきました。ヨーロッパでは「幸福のため」「健康のため」「富のため」「子孫繁栄のため」「長寿のため」との願いを込めて5粒を包むのが一般的です。


◆ブーケ&ブートニア
かつてヨーロッパで男性が愛する女性のもとへプロポーズをしに行くとき、野に咲いた花を摘み、女性に手渡し捧げたものがブーケの由来。そして女性が求愛を受け入れる証として、花束から一輪を抜いて男性の胸に挿したものがブートニアです。最近では、このプロポーズの儀式を取り入れた「ブーケセレモニー」も人気です。


◆フラワー&ライスシャワー
挙式が終わって新郎新婦が教会から出てきたときに花びらをまくフラワーシャワーは、花の香りでまわりを清め、幸せをねたむ悪魔から新郎新婦を守るという意味があります。一方、お米をシャワーのように浴びせるライスシャワーは、「お米が豊かに実るように、子孫繁栄に恵まれますように」との願いが込められています。


◆ブーケトス
挙式後、花嫁が後ろ向きで女性ゲストへ向かってブーケを投げる演出のこと。ブーケを受け取った女性が次の花嫁になれると言われており、“幸せのバトンタッチ”の意味もあります。ブーケトスの由来にはいくつか説がありますが、14世紀のイギリスの風習が起源になったとされます。結婚式の参列者たちが祝福にあやかりたいと、花嫁のドレスを引っ張ったり、ブーケの花や小物を取り合ったりしたことから、その予防策としてブーケを投げるようになったそうです。


◆ガータートス
ブーケトスの男性版で、花嫁が左足に着けていたガーターを花婿が外し、男性ゲストをめがけて後ろ向きで投げる演出のこと。ガーターを受け取った男性が次の花婿になれると言われています。ガーターを外すときには花婿が花嫁のスカートの中にもぐり、手を使わず口を使って外すものとされていることから、日本では二次会の演出に取り入れることが多いです。


その他に、動物を扱ったジンクスもあります。結婚式会場まで行く途中でハトや羊、黒い猫やクモに出会ったりすると幸せになれるといわれています。
あと結婚式の朝、花嫁の近くで猫(黒猫に限らず)がくしゃみすると幸せなるという話もあります。

猫はヴィーナスの代弁者とされており、さらに古代ではくしゃみがおめでたい挨拶とされてるので、猫がくしゃみをするという事は「女神が祝福している」という意味になり、幸せになるといわれております。
また結婚式後、花嫁がドレス・ベールを脱ぐ際に、すぐ手際よく全てのピンを取ると良い事が起こるという話もあります。